SAPコンサル転職

【初心者向け】アクセンチュアへの転職で失敗しないエージェント3選


【初心者向け】アクセンチュアへの転職で失敗しないエージェント3選


アクセンチュアへの転職を考えている人

アクセンチュアへの転職を考えている人「アクセンチュアの転職に強い転職エージェントってどこだろう。コンサル転職に特化した転職エージェントだと、玄人 ( くろうと ) 向けで失敗しそうで怖いなぁ、、、コンサル転職の初心者でもかんたんに使えて、アクセンチュアに強いエージェントが知りたい。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • アクセンチュアへの転職で失敗しないエージェント3選
  • アクセンチュアへの転職に強いエージェントである理由
  • アクセンチュア向けの転職エージェントを利用するメリット


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティング企業4年勤務
  • アクセンチュアからのオファーを獲得した経験あり
  • アクセンチュアへ転職した十数名の友人から話を聞いた経験あり
  • 転職経験2回


私自身、アクセンチュアからオファーを獲得した経験があり、転職エージェントについてもかなり精査したので、実体験を踏まえてご紹介していきます。


この記事の目次は以下の通りです。



IT系なら0円無料の» IT転職特化のマイナビエージェント» 0円無料のSAPコンサル向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


1. アクセンチュアへの転職で重要な転職エージェント選び

1. アクセンチュアへの転職で”失敗しない求人が多いエージェント


アクセンチュアへの転職を成功させるために重要な「転職エージェント選び」について解説します。


「先にアクセンチュア向きの転職エージェントが知りたい!」


そんな方はこちらをクリックして結果へどうぞ!


アクセンチュアへの転職を成功させるために重要なことの1つは「転職エージェント選び」です。


なぜなら、コンサルティング企業への転職を成功させるには、「自分がなりたいコンサル」の求人数が多いエージェントを利用して、自分に合った求人を選ぶ必要があるからです。


具体的には、一つのコンサルティング企業でも転職エージェントによっては以下の属性をかけ合わせた様々な求人があり、その中で自分に合った求人を選べなければ転職に失敗する可能性が高いです。



  • 職種①AOコンサル ( Application Outsourcing ) :すでに作られたシステムの運用保守をしつつ改善案を作成・実行する職業
  • 職種②ソリューションエンジニア:ITソリューションの提案・開発・運用保守を担当する職業
  • 職種③ITコンサル ( Sier ):システムの要件定義・設計・開発エンジニアのマネジメントを担当する職業
  • 職種④経営コンサル:システムを使うユーザー目線で業務フローを作成・提案し、ユーザートレーニングを担当する職業
  • 職種⑤戦略コンサル:企業戦略をIT・非IT問わず幅広いソリューションから作成・提案する職業
  • 役職:マネージャー以上、マネージャー未満
  • 扱うIT製品:SAP*注1、Sales Force、AWS
  • インダストリー ( 産業 ) :IT、官公庁、資源、産業、金融など


営業力が高い転職エージェントは上記の条件を網羅 ( もうら ) した求人の数が多いだけではなく、内定率にもいい意味で影響します。


なぜなら、エージェントが面接後に採用担当者にフォローすることで、内定・オファーになることが多々あるからです。


具体的に、以下の章では、アクセンチュアに転職するには上記のエージェントが合っている理由と具体例を解説します。


☑補足
*注1…SAPとは、かんたんにいうと業務システムのテンプレートです。SAPを導入するコンサルタントを» SAPコンサルタント | SAP転職と言い、アクセンチュアの収益の大半を稼ぐITコンサルです。


2. アクセンチュアへの転職で失敗しないエージェント3選

2. アクセンチュアへの転職で失敗しないエージェント3選


アクセンチュアへの転職で失敗しないためにおすすめのエージェント3選は、以下の通りです。



上記の転職エージェントは、特に総合・IT系コンサルティング企業に強いと定評があります。


実際にアクセンチュアで働く私の友人の十数名が、上記の転職エージェント経由でオファーを獲得したと話していました。


以下のようにTwitterでも、上記の転職エージェントでアクセンチュアからのオファーがあるとtweetされている方もいます( ※リクルートエージェントだけは、2020/6/24時点ではtweetを確認できませんでした )。




もちろん、他エージェントでもアクセンチュアへの応募は可能です。


しかし、「内定が出るか、出ないか」はエージェントの求人数の多さ = 営業力の高さも大きく影響するので、なるべく上記の「アクセンチュアへの営業力が高い」エージェントを利用して選考突破率を高めることをおすすめします。


3. アクセンチュアへの転職に強いエージェントである理由

3. アクセンチュアへの転職に強いエージェントである理由


アクセンチュア向けの転職エージェント ( リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODA ) を使うと、アクセンチュア選考突破率が高い理由は以下の3つです。



それぞれについて解説します。


3-1. アクセンチュアへの転職に強いエージェントである理由①:アクセンチュアとのつながりが強いため、面接後にプッシュしてもらえる


これは、各転職エージェントから転職した友人も話していましたが、転職エージェントのアクセンチュアとのつながりが強いため、面接後のフォローをしてもらえることがあります。


具体的には、面接後にエージェントからアクセンチュアに対して応募者のプッシュ ( 強く推薦 ) してくれるので、内定率が大きく変わってきます。


これは、各転職エージェントとアクセンチュアの関係性が良いからこそできることであり、他エージェントではそういった”プッシュ”ができないケースが多々あります。


アクセンチュアとのつながりが強いというのは、転職者にとって非常に心強い武器となりますので、アクセンチュアへの転職に強い理由の1つになります。


3-2. アクセンチュアへの転職に強いエージェントである理由②:アクセンチュア特化の選考対策など、支援の質が高い


リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAはアクセンチュアへの転職支援実績が豊富なエージェントです


前述の通り、アクセンチュアで働く十数名の私の友人を含め多くの人が、上記のエージェント経由でアクセンチュアからオファーを獲得しています。


そのため、アクセンチュアの面接や選考情報を豊富に持っており、面接対策サポートにおいてもアクセンチュア対策として支援を受けられることがあります。


リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAは、面接練習や書類添削などのサポートが手厚いのですが、そういった際にアクセンチュアを想定した対策をしてくれることもあります。


それによって、アクセンチュアの転職者の実績がさらに増えるなど、アクセンチュアへの転職に強い理由の1つとなっています。


3-3. アクセンチュアへの転職に強いエージェントである理由③:PwCやアビームなど他の総合やIT系コンサルティング企業への転職支援実績が豊富


アクセンチュアへの転職支援実績が豊富なエージェントであるのは勿論ですが、他の総合系・IT系コンサルティング企業への転職支援実績も豊富です。


具体的に総合系コンサルティング企業では、デロイト・PwC・KPMGなどや、IT系コンサルティング企業ではアビームなどへの転職者が多いです。


そのため、他コンサルティング企業の傾向を踏まえた対策や情報を受けることが可能です。


例えば、アクセンチュアの強みについて、デロイトやPwCと比較した上での情報を教えてもらえたり、直近で総合系コンサルティング企業が注力している分野・領域について教えてもらえます。


これによって、アクセンチュアを選ぶ志望動機を作りやすくなることも、アクセンチュアへの転職に強い理由の1つとなります。


4. アクセンチュア向けの転職エージェントを利用するメリット

3. アクセンチュア向けの転職エージェントを利用するメリット


アクセンチュア向けの転職エージェント ( リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODA ) を使うメリットについてまとめます。



4-1. アクセンチュアへの転職に強いエージェントである ( 実際の求人数で解説 )


前述の通りアクセンチュアへの転職に強いエージェントは以下の通りで、それぞれのエージェントがどういう人にメリットがあるのか解説します。



転職エージェントごとの「向いている人」の理由は、アクセンチュアの求人が以下の様に分布 ( ぶんぷ ) しているからです。 ( ※下表の赤文字は職種ごとの求人数が最も多い = 希望の職種で最も転職しやすいエージェントです。 )


転職エージェントと職種別の求人数

転職エージェント AO エンジニア IT 経営 戦略
リクルートエージェント - 33 55 17 33
マイナビエージェント 3 1 2 - -
DODA 17 11 26 24 3


まず上記のエージェントに登録した上で、アクセンチュアにどういったロール ( 役割 ) で転職したいかをエージェントと話して決めつつ、エージェントを使い分けながら転職活動を進めるのが確実ですね。


「明日でいいや」 → その明日は永遠にこない


なぜなら、「公開されている求人は応募者が決まり次第すぐに非公開」となるからです ( イス取りゲームと同じ原理です )。


自分に合った求人を誰かに取られて、やりたいことを妥協しつつの転職 → 失敗を避けるためにも、思い立ったらすぐに行動すべき。


無料で5分なので登録しておきましょう。


4-2. 転職サポートが手厚い


リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAの転職支援の満足度は高いです。


満足度が高い理由は、転職支援のサポートを手厚く行ってもらえるためです。


なぜなら、転職エージェントは無料で利用できる代わりに、転職を成功させることではじめて企業から紹介料を受け取ることができるからです。


具体的には、書類の添削、面接対策、面接のセット、年収アップの交渉などを行ってくれることは大きなメリットでしょう。


4-3. 非公開求人が多い


リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAは、求人サイトなどでは公開されていない企業の案件がほとんどです。


なぜなら、上記の転職エージェントが独自に企業とのコネクションを持っているためです。


アクセンチュアへの営業力が強いのと同様に、リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODA経由でしか応募できないコンサルティング企業やポジションも大量にあります。


特に、応募ポジションを選ぶ作業は、転職成功率を大きく左右するため、多くの求人数からしっかり吟味できるというのがメリットになるでしょう。


5. アクセンチュアへの転職で”失敗しない”エージェントのまとめ

5. アクセンチュアへの転職で”失敗しない”エージェントのまとめ


今回は、アクセンチュアへの転職成功率を高めるエージェント選びについて紹介しました。


前述の通り、エージェントによって得意なコンサルティング企業が異なるため、エージェント選びは内定率に大きく関わってきます。


志望度の高いコンサルティング企業と仕事でのロール ( 役割 ) に合わせた転職エージェントを使って、アクセンチュアへの内定を勝ち取りましょう。


人気記事 SAPでの転職に強い転職エージェント3選【2年はコミットすべき】
人気記事 【2020年最新】SAPコンサルタント 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPコンサル転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.