SAPコンサル転職

コンサルに転職して失敗する人の特徴10選←失敗を避ける方法あり


コンサルに転職して失敗する人の特徴10選←失敗を避ける方法あり


コンサルに転職して失敗したくない人

コンサルに転職して失敗したくない人「コンサルに転職して失敗する人の特徴が知りたい。もし自分が失敗する人の特徴に当てはまっているなら、、、コンサルに転職するのは見送るかもしれない。今はコンサルに転職する直前だから、まだ引き返せるなら他の選択肢も知りたいな。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • コンサルに転職して失敗する人の特徴10選
  • コンサル転職する以外の選択肢


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティングファーム4年勤務
  • SAPコンサルタント歴2年
  • 経験プロジェクト数5つ
  • 転職経験2回


私が実際に外資系コンサル企業で4年間働いた期間に見かけた中途入社の方やその方の「その後のキャリア」まで確認した経験から、外資系のITコンサルに転職して失敗する人の特徴10選を解説します。


この記事の目次は以下の通りです。



IT系なら0円無料の» IT転職特化のマイナビエージェント» 0円無料のSAPコンサル向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


1. コンサルに転職して失敗する人の特徴10選

1. コンサルに転職して失敗する人の特徴10選


コンサルに転職して失敗する人はかなり多いです。


具体的には、コンサルに転職する全体のうち3割は3年以内に退職します。 ( 実際に働く社員の入社年月日と照らし合わせて統計を取った結果です。)


中途で転職して退職 ≒ 失敗を避けるためにも、転職する前に確認すべき「コンサルに転職して失敗する人の特徴10選」を以下の順に解説します。



コンサルに転職して失敗しそうか大丈夫そうかのチェックリストとしても活用して頂ければと思います。


1-1. コンサルに転職して失敗する人の特徴①:サービス業に向いていない性格


コンサルに転職して失敗する人の特徴①として、サービス業に向いていない性格があります。


なぜなら、コンサルティング企業はクライアントや上司との良好な関係を築くことが最重要だからです。


具体的には、自分はやれと言われたことだけをやっていればいい、スキルさえあれば問題ない、と考えて重要人物に接待が出来ない人は不遇な扱いを受けて働きにくくなり退職します。


1-2. コンサルに転職して失敗する人の特徴②:上司とミスマッチになりやすい性格


コンサルに転職して失敗する人の特徴②として、上司とミスマッチになりやすい性格があります。


なぜなら、上司や自分のキャリアアドバイザーと親密になれないと昇進できないからです。


具体的には、上司の仕事のスケジュールを配慮した動き方や、白々しいと思われないように上司をおだてたり、上司を尊重する振る舞いが出来ないと昇進できずに退職します。


1-3. コンサルに転職して失敗する人の特徴③:雰囲気で仕事を選んでいる


コンサルに転職して失敗する人の特徴③として、雰囲気で仕事を選んでいることがあります。


なぜなら、実際に自分がどういう仕事をするのか、自分のスキルで対応できるかを判断したうえで仕事を選べなければ成果を出せないからです。


具体的には、クライアントの名前やプロジェクトの概要だけで判断して入った結果、実はビジネス英語が必須なグローバルなプロジェクトで自分では対応しきれずに不遇な扱いを受けて退職します。


1-4. コンサルに転職して失敗する人の特徴④:やりたい仕事のために昇進しにくい部署に異動する


コンサルに転職して失敗する人の特徴④として、やりたい仕事のために昇進しにくい部署に異動することがあります。


なぜなら、自分がやりたいと考える部署での仕事はお金にならない = プロジェクトが無いことが多く、成果を出しにくいからです。


具体的には、データサイエンスや人工知能などの領域の仕事がやりたいとしても、実際にはその部署は社内での立場が弱いので仕事が無く成果も出せず不遇な扱いを受けて退職します。


1-5. コンサルに転職して失敗する人の特徴⑤:下積み業務に耐えられない


コンサルに転職して失敗する人の特徴⑤として、下積み業務に耐えられないことがあります。


なぜなら、コンサルに転職して2, 3年は戦略策定などの上流の業務には携われず、転職前に聞いていたイメージとの差に耐えられないと感じるからです。


具体的には、議事録を取ったり、パワポの資料を上司の方針に沿って作成しているのみで自分の考えを活かせることが全くないので「自分はこれをするために入社したのではない」と感じる人は多いです。


入社して4, 5年経過して昇進できていれば方針を作る側の人間になることは可能ですが、「確実に昇進できる」保証はないことと、「長い下積み期間が勿体ない」と感じる方は退職します。


1-6. コンサルに転職して失敗する人の特徴⑥:自信があり過ぎる


コンサルに転職して失敗する人の特徴⑥として、自信がありすぎることがあります。


なぜなら、コンサルに転職してくるということは前の会社ではエース級の扱いを受けていたり、高い学歴を持っている方が多いからです。


具体的には、前職で法人営業でトップセールスであった人などであっても、仕事の内容や文化の違いに対応しきれず、これまで自分が成果を出していたというプライドもあり、最低評価などを受け入れられずに退職します。


1-7. コンサルに転職して失敗する人の特徴⑦:単純に打たれ弱い


コンサルに転職して失敗する人の特徴⑦として、単純に打たれ弱いことがあります。


なぜなら、コンサル企業には「レビュー」と言われる作業工程があり、自分が作成したパワポの資料などを上司に細かくダメだしされるからです。


具体的には、パワポの資料を作る際の枠の形や色、フォントやアラインなども細かく指摘されて、何度もレビューを繰り返すうちに人格否定されているように錯覚して退職します。


1-8. コンサルに転職して失敗する人の特徴⑧:今後のキャリアが明確過ぎる(コンサル以外)


コンサルに転職して失敗する人の特徴⑧として、コンサル以外の今後のキャリアが明確すぎることがあります。


なぜなら、コンサル以外でやりたいこと、キャリアが明確にある人はコンサルの仕事は自分のキャリアアップにつながらないと考えるからです。


具体的には、投資プランナーや人材紹介ビジネスに挑戦したいと考えている人は、コンサルでの仕事に転職して人脈を作り2年程度で退職したりします。


1-9. コンサルに転職して失敗する人の特徴⑨:コンサル転職理由が「給与アップ」のためだけ


コンサルに転職して失敗する人の特徴⑨として、コンサル転職理由が「給料アップ」のためだけと言うことがあります。


なぜなら、コンサルに転職すると額面上の給料は上がりますが、サービス残業代金が含まれた上での年収であることが多いので時給は下がるからです。


具体的には、クライアントやプロジェクトでの上司にもよりますが、実際に残業した時間から毎月30時間ほどはサービス残業扱いとなることを知らずに転職してしまい「割に合わない」と考えて退職します。


» コンサルで残業代が出ない2つの理由 | SAP転職で、コンサルタントの残業代が出ない出にくいクライアントや上司のパターンについて解説しましたので記事を是非ご覧ください。


1-10. コンサルに転職して失敗する人の特徴⑩:長時間労働に耐えられない


コンサルに転職して失敗する人の特徴⑩として、長時間労働に耐えられないことがあります。


なぜなら、コンサルとして働く以上は残業代無しで長時間働くことは働き方改革の昨今でも残っているからです。 ( マネージャー以上の社員がその働き方なので強制的に全員そうなります。 )


具体的には、3か月に一回3徹 ( 3日連続で徹夜 ) 程度の働き方が体力的にも厳しい方は、退職します。


以上、コンサルに転職して失敗する人の特徴10選でした。


とはいえ、


それでも一度コンサルに転職したい、外資系に転職して経歴に箔 ( はく ) をつけた後に日系の大手企業に転職したい


という方は、以下の0円無料の転職エージェントを大手を中心に登録し、期間を決めておいたうえで転職するのはありかなと思います。



明日でいいや → その明日は永遠にこない


思い立ったらすぐに行動すべき。無料登録は今しておきましょう。


» 【暴露】SAPコンサルタントの転職の難易度が高い企業TOP13 | SAP転職では、ITコンサルの転職先として人気のある企業をランキング形式で解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


2. コンサル転職して失敗するのを避けるための選択肢

2. コンサル転職以外の選択肢


コンサルに転職して失敗する人の特徴に当てはまっていたり、「コンサルは違うかも」と思われた方向けに、コンサルに転職する以外の選択肢を解説します。



  1. プログラミングスクールでIT系のスキルを身に付ける
  2. 一旦お休みする


2-1. プログラミングスクールでIT系のスキルを身に付ける


「コンサルに転職して失敗しそうだ」と判断された方におすすめなのが、プログラマーとして手に職つけるということです。


なぜなら、コンサルのスキルは応用が利きませんが、プログラミングのスキルは一度身に付けてしまえばその後の人生、あらゆる転職の場面で有利になるからです。


実際、IT業界は以下の図の通り、業界規模が右肩上がりに上がっているので、今のうちにスキルを身に付けておけば30代、40代と年齢を重ねても高い年収で働けるでしょう。


IT業界の過去6年間の業界規模の推移


業界動向 - IT業界の現状、動向、ランキング&シェアなどを掲載。



「Macのパソコンの起動からあやしい…」人も「1日10時間×60日間の実践トレーニングで即戦力」まで教えてもらえて転職保証まであるので、長い人生の数か月をプログラミングにコミットするのはコスパ良いかと。





» 無料あり:ABAPerの私がおすすめのプログラミングスクール3社 | SAP転職で、有名なプログラミングスクールの料金や内容を比較してまとめていまして、無料のお試しコースもありますのでひとまず記事を是非ご覧ください。


明日でいいや → その明日は永遠にこない


思い立ったらすぐに行動すべき。


まずは無料で学ぶところからでOKです。


2-2. 一旦お休みする


「コンサルに転職して失敗しそう」と判断された方におすすめなのが、一旦お休みするということです。


なぜなら、外資系の会社は社員が会社を辞めまくることが普通なので、一度今の会社を辞めてゆっくりして勉強してから転職することも容認されているからです。


具体的に、「貯金が少なめだから今すぐ退職は厳しい」「職場を辞めるのは立場上難しい」と言う方でも数万円払えばだれでもすぐに退職&その後の社会保障の受給までサポートしてくれる退職代行を使うことですぐにお休みすることができます。


» 【すぐ辞められる】退職代行の有名2社を比較【オススメな人と金額】 | SAP転職では、有名な退職代行の料金や補償内容を比較して以下の記事にまとめていまして、自分の状況でも対応してもらえそうか無料の相談とかも出来ますので記事を是非ご覧ください。


明日でいいや → その明日は永遠にこない


思い立ったらすぐに行動すべき。


まずは無料相談からでOKです。


3. コンサルに転職して失敗のまとめ

3. コンサルに転職して失敗のまとめ


本記事のまとめは以下の通りです。


本記事のまとめ


  • コンサルに転職して失敗する人の特徴で最も多い人はサービス業が向いていないこと
  • コンサルに転職して失敗しそうだなと感じた方はプログラミングスクールか退職代行がおすすめ


何かを変えたい人、まだ迷っている人、どちらも「今すぐ無料で出来ること」だけはしておきましょう。


なぜなら、部屋探しと同じように「良い条件の求人」はすぐ締め切りになりますし、「いい条件の求人」を見つけるには「1.今登録して 2.待ち伏せして 3.出てきたらすぐ応募する」ことが重要だからです。


まず0円無料の転職エージェントを活用することから、この記事を読み終わって、即動き出しましょう!



SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと、転職のコツを解説した以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



人気記事 SAPでの転職に強い転職エージェント3選【2年はコミットすべき】
人気記事 【2020年最新】SAPコンサルタント 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPコンサル転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.