SAPコンサル転職

SAPエンジニアになるには←方法、必要スキル、メリット・デメリット


SAPエンジニアになるには←方法、必要スキル、メリット・デメリット


SAPエンジニアになるにはどうすればいいか知りたい人

SAPエンジニアになるにはどうすればいいか知りたい人「SAPエンジニアになるにはどうすればいいか知りたい。SAPコンサルタントの上流フェーズの仕事をしても何をやってるのか実感がわかないから、まずはSAPエンジニアとしてSAPを設定・開発した経験を積みたいと思ったから。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • SAPエンジニアになる方法
  • SAPエンジニアになるために必要なスキル
  • SAPエンジニアになるデメリット
  • SAPエンジニアになるメリット


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティングファーム4年勤務
  • SAPコンサルタント歴2年
  • SAPエンジニア歴2年
  • 経験プロジェクト数5つ
  • 転職経験2回


SAPコンサルタントを2年経験したのち、SAPエンジニアに転職して2年間働いた結果、SAPエンジニアになって本当によかったなぁと思った経験から解説します。


この記事の目次は以下の通りです。



IT系なら0円無料の» IT転職特化のマイナビエージェント» 0円無料のSAPコンサル向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


1. SAPエンジニアになるには

1. SAPエンジニアになるには


SAPエンジニアになるには、以下の二通りの方法があります。



» SAPエンジニアとは【仕事内容、勉強方法、将来性】 | SAP転職で、そもそものSAPエンジニアの仕事内容や将来性について解説していますので、記事を是非ご覧ください。


1-1. SAPエンジニアになるには①:社内転職する


SAPエンジニアになる方法①として、社内転職があります。


なぜなら、SAPコンサルタントとして働く会社では基本的にSAPエンジニアとしても働ける部署が用意されていることが多いからです。


具体的には、SAPコンサルタントとしてSAP BWを専門的に導入する部署か、ABAP開発を専門的に行う部署に異動したいと、自分のキャリアアドバイザーに相談すると良いでしょう。


☑補足
SAP BWはABAP開発をすることが非常に多いので、SAPエンジニアにはうってつけだからです。


1-2. SAPエンジニアになるには②:転職する


SAPエンジニアになる方法②として、転職があります。


なぜなら、SAPエンジニアとしての開発・運用保守案件を専門的に受注できるSAP導入の専門の企業に転職したほうがSAPエンジニアとして早く一人前になれるからです。


具体的には、USコーポレーション、エンハンサーの方とは一緒に働きましたが、素晴らしかったです。転職する場合は企業に直接応募してくださいね。


とはいえ、


「それ以外のSAP導入の専門企業も見てから決めたいな。」


という方もいらっしゃるかと思います。


その場合には、以下のSAPの転職に強い転職エージェントに登録してエージェントに無料で相談しましょう。



SAPでの転職のコツは以下の記事をご覧下さい。



2. SAPエンジニアになるために必要なスキル

2. SAPエンジニアになるために必要なスキル


SAPエンジニアになるにあたって最低限、必要なスキルは以下の通りです。



» SAPエンジニアとは【仕事内容、勉強方法、将来性】 | SAP転職で、その他に必要なスキルについても解説していますので記事を是非ご覧ください。


2-1. SAPエンジニアになる前に身に付けるべきスキル ( プログラミング経験 )


SAPエンジニアになるために必要なスキル(転職前)は、1年以上のプログラミング経験です。


なぜなら、プログラミングの勉強を全くしたことが無いと、専門用語がわからずにつまづいてしまい「成果を出す前にリリースされる」恐れがあるからです。


具体的に、プログラマーとしてどこに行っても使う用語 ( 環境構築、デバッグ、サブルーチンなど ) は自分でも経験しつつ知っておくことが必要でしょう。


「勉強するプログラミング言語はどれがおすすめ?」


言語はどれでもいいですが、最低1つの言語を1年以上経験していること、可能であればクラウドソーシングサイトなどで単価の低い仕事をこなせる程度のスキルがあることが望ましいです。


なぜなら、複数のプログラミング言語をかじっただけだと実務で肝心な部分を経験できませんし、プログラミング言語はどれか一つをしっかり学ぶ方がノウハウの応用が利くからです。


具体的に、私の場合SAPエンジニアとして働き始めた時点でpythonというプログラミング言語を1年間経験していたので、SAPの開発の仕事も短い期間で適応できました。


とはいえ、「独学だと心配だな」と言う方もいらっしゃると思います。


その場合には、プログラミングスクールに通うのがコスパが良いでしょう。


3か月で20万円くらいしますが、「自由な働き方をするための切符」を手に入れられるので、コスパはいいと思います。


なにより、独学だと「プログラミングのお作法がなっていない」場合がありますが、スクールで実践を学べればそのリスクは減らせるかと思います。


» 無料あり:ABAPerの私がおすすめのプログラミングスクール3社 | SAP転職で、おすすめのプログラミングスクールについてまとめていまして、無料のものもありますので記事を是非ご覧ください。


2-2. SAPエンジニアになった後に身に付けるべきスキル ( ABAPプログラミング )


SAPエンジニアに転職後に身に付けるべきスキルは、ABAPプログラミングのスキルです。


なぜならSAPエンジニアに最も求められるスキルだからです。


具体的に、ABAPは実践的な書籍が少なく練習できる環境も少ないので、プロジェクトに入ってSAPの実機でググりつつ練習することになります。


プロジェクトに入った後に「開発者キー」と呼ばれるABAPプログラミングができる権限をもらえるはずなので、その権限でSAPのサンドボックス環境で練習しましょう。


» 【SAPエンジニア必見】SAPの勉強方法を徹底解説 | SAP転職で、プロジェクトに入った後のSAPエンジニア向けの勉強方法についてまとめていますので、記事を是非ご覧ください。


もし、プロジェクトでABAPの練習がNGであれば、» 【無料あり】SAPの自習ができるSAP環境14選【最高品質あり】 | SAP転職でABAP開発ができるSAP実機のレンタル環境を紹介していますので、記事を是非ご覧ください。


☑補足
サンドボックス環境とは、練習用のSAP環境のことです。基本的には、ほぼ何をしてもOKな実験用の環境です。


3. SAPエンジニアになるデメリット

3. SAPエンジニアになるデメリット


SAPエンジニアになるデメリットは以下の通りです。



それぞれ解説します。


3-1. SAPエンジニアになるデメリット①:年収が下がる


SAPエンジニアになるデメリット①は、SAPコンサルタントより年収が下がることです。


なぜなら、» SAPエンジニアの年収一覧 | SAP転職» SAPコンサルの年収 | SAP転職は、なぜか数百万ほど違うからです。


具体的に、入社時点では100万、その後に昇進していくと200万と大きく開いていくので、このデメリットは認識しておく必要があります。


3-2. SAPエンジニアになるデメリット②:基本的にSAPコンサルタントの下請け的なポジション


SAPエンジニアになるデメリット②は、SAPコンサルタントの下請け的なポジションになることです。


なぜなら、SAPコンサルタントが固めた要件をSAPエンジニアが開発していくので、ダメ出しを出される立場になるからです。


具体的に、あとから何度も仕様変更されて作り直したり、バグが出たら休出 ( 休日出勤 ) も求められたりするのでそういったデメリットを受け入れられることが必要でしょう。


4. SAPエンジニアになるメリット

4. SAPエンジニアになるメリット


SAPエンジニアになるメリットは以下の通りです。



4-1. SAPエンジニアになるメリット①:転職に応用が利くスキルが身に付く


SAPエンジニアになるメリット①は、転職に応用が利くスキルが身に付くことです。


なぜなら、SAPエンジニアとして身に着けられるプログラミングスキルは言語が変わっても応用しやすいからです。


具体的に、ABAPプログラミングの実務経験が2, 3年あれば年収を上げて転職するハードルはかなり下がりますし、言語を変えても3か月~半年程度で習得することも可能になるでしょう。


エンジニアとしてスキルアップして転職することで年収を上げることや、フリーランスのエンジニアになって年収を大きく上げることも可能です。


また、SAPエンジニアとしてのスキルを身に付けてシステム側からSAPについて理解した上で、SAPコンサルタントに転職することも可能です。


» SAPコンサルタントになるには←具体的な適性と2つの方法を解説 | SAP転職で、SAPエンジニア→SAPコンサルタントに転職する方法についても解説していますので、記事を是非ご覧ください。


4-2. SAPエンジニアになるメリット②:働き方がフレキシブル


SAPエンジニアになるメリット②は、働き方がフレキシブルになることです。


なぜなら、プログラマーはぶっちゃけ現場に足を運ばなくても仕事が出来て、リモートワークをしやすいからです。


具体的に、つい最近のコロナウィルスのときなども開発は自宅からVPN接続して続けることができましたし、事あるごとに在宅ワークがしやすいのは大きなメリットかなと思います。


クライアントワークが多いSAPコンサルタントには難しいことが多いため、これはSAPエンジニアの特権と言えるでしょう。


5. 「SAPエンジニアになるには」のまとめ

5. 「SAPエンジニアになるには」のまとめ


本記事のまとめは以下の通りです。


本記事のまとめ


  • SAPエンジニアになるには、社内転職か転職
  • SAPエンジニアになるために必要なスキルは1年程度のプログラミング経験
  • SAPエンジニアになるデメリットは給料、メリットは転職に応用が利く


何かを変えたい人、まだ迷っている人、どちらも「今すぐ無料で出来ること」だけはしておきましょう。


なぜなら、部屋探しと同じように「良い条件の求人」はすぐ締め切りになりますし、「いい条件の求人」を見つけるには「1.今登録して 2.待ち伏せして 3.出てきたらすぐ応募する」ことが重要だからです。


まず0円無料の転職エージェントを活用することから、この記事を読み終わって、即動き出しましょう!



SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと、転職のコツを解説した以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



人気記事 SAPでの転職に強い転職エージェント3選【2年はコミットすべき】
人気記事 【2020年最新】SAPコンサルタント 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPコンサル転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.