SAPコンサル転職

SAP CO コンサルタントとは【IT案件で年収200万UP】

2020/06/05


SAP CO コンサルタントとは【IT案件で年収200万UP】


SAP CO コンサルタントになりたての人

SAP CO コンサルタントになりたての人「SAP CO コンサルタントの具体的な仕事内容を知りたいな。そもそも、SAPコンサルタントの将来性ってある ? SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法とそのために必要なスキルも知りたいな。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • SAP CO コンサルタントの仕事内容
  • SAP CO コンサルタントの将来性
  • SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法と、そのために必要なスキル


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティングファーム4年勤務
  • SAP CO コンサルタント歴2年
  • 経験SAPプロジェクト数5つ
  • 転職経験2回


この記事の目次は以下の通りです。



IT系なら0円無料の»Type転職エージェント» 0円無料のSAPコンサル向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


1. SAP CO コンサルタントの仕事内容

1. SAP CO コンサルタントの仕事内容


SAP CO コンサルタントの仕事内容は以下の通りです。



  1. 管理会計の業務フロー*注1の作成
  2. SAP CO*注2のコンフィグ設定*注3、動作確認


先にSAP CO コンサルタントが年収を上げる方法が知りたいな。


本記事の2章SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法②:転職で稼ぎやすい業界と転職に必要なスキルを解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


そもそものSAPコンサルタントの仕事内容は ?


» SAPコンサルタントとは?【将来有望な理由】の記事で解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


よく一緒にされてるけど、SAP FI (財務会計) と SAP CO (管理会計)って何が違うの ?


目的が違います。具体的には、SAP FIは財務諸表を作る、 SAP COは管理会計レポート*注4を作ることが目的です。


財務諸表は外部に提出するのでどの会社もフォーマットはほぼ同じですが、管理会計のレポートは外部に提出せず自社が業績を伸ばすためだけに利用するので、会社によってフォーマットがかなり違います。


このように、管理会計のレポートは会社によって違うので、テンプレートの横展開がしにくい = パクられにくいので、レポート作成のサービスは需要があり儲かります。


ふーん、そうなんだ。
SAP FI コンサルタントについても知りたいな。


» SAP FI コンサルタントとは【年収1,000万を超える方法】で解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


☑補足
*注1...管理会計の業務フローとは、管理会計の業務の流れをまとめたフロー図のことです。例えば、「各部門が毎月の売上のKPIを入力 → 管理者が各部門がKPIを達成しているか評価 → システムが昇給率を計算」などをフロー形式でまとめた図です。


*注2...SAP COとは、SAPシステムの管理会計の機能のまとまりです。例えば、売上原価や事業の収益性を計算し、計算結果をレポート表示する機能などがまとまっています。


*注3...コンフィグ設定とは、SAPの設定です。例えば、会社とその会社の部門を紐づける設定があり、これにより「どの部門から売上が上がったか、費用はいくらか」などのデータを保存できます。


*注4...管理会計のレポートとは、会社が業績を上げるために使うレポートです。例えば、各部門が売上のKPI ( Key Performance Indicaator ) の営業アポ率を達成できているか、各部門のオフィスの座席数に過不足はないか、などを把握するレポートがあります。


1-1. SAP CO コンサルタントの仕事内容①:会計業務フローの作成


SAP CO コンサルタントの仕事内容①は、クライアントの業界に対応した管理会計の業務フローの作成です。


なぜなら、管理会計の業務フローを作成しなければ、SAP COの設定ができないからです。


具体的に、以下の管理会計の業務について業務フローを定義*注5する必要があります。



  • 本部が各部門のステータスを制御 ( システム入力させるかさせないか制御 )
  • 各部門がKPIの達成度を入力 → 本部が評価を決める
  • 各部門が座席数・人員数の入力 → 本部が人員調整
  • システムが原価計算 ( 配賦・按分処理 )
  • 本部が事業ごとに収益性分析
  • 決算 → 財務諸表 ( B/S, P/L, CF ) の表示


☑補足
*注5…業界によっては不要な処理もありますので、参考程度に見て頂ければと思います。
例えば、製造業のお客様の場合、KPIの達成度の入力の業務は無いこともあります。


1-2. SAP CO コンサルタントの仕事内容②:SAP FIのコンフィグ設定、動作確認


SAP CO コンサルタントの仕事内容②は、管理会計の業務フローに合わせたSAP COのコンフィグ設定と動作確認*注6です。


なぜなら、クライアントの管理会計の業務に合わせて使えるようにSAPシステムを導入するからです。


具体的に、以下の作業をします。



  1. コンフィグ設定
  2. 管理会計レポートの入力・表示テスト
  3. 実績データのIF ( Inter-face ) テスト


☑補足
*注6...動作確認とは、SAPのシステムが意図したとおりに動くかを確認するテストです。単体テストなどとも呼ばれたりします。


1-2-1. SAP CO コンサルタントの仕事内容2-1. コンフィグ設定


SAP CO コンサルタントは業務フローを決めた後にまず以下のコンフィグ設定をします。※以下の順番で設定します。



  • クライアントの設定
  • 会計年度と会計期間の設定
  • 管理領域の設定
  • 会社コードの設定
  • BPマスタ ( 旧:仕入れ先マスタ、得意先マスタ )の設定
  • 原価センタ・原価センタグループの設定
  • 利益センタ・利益センタグループの設定
  • 総勘定元帳と補助元帳の設定
  • 統制勘定の設定
  • 勘定コードの設定


☑補足
管理会計の用語の意味は» 「管理会計の基本」がすべてわかる本|Amazonで解説されていますので、必要に応じてご覧ください。


SAP用語の意味は» SAP社公式のヘルプですべて解説されていますので、必要に応じてご覧ください。


1-2-2. SAP CO コンサルタントの仕事内容2-2. 管理会計レポートの入力・表示テスト


以下の業務フロー毎に、管理会計レポートにデータを入力&表示できるかテストします。



  • 本部が各部門のステータスを制御 ( システム入力させるかさせないか制御 )
  • 各部門がKPIの達成度を入力 → 本部が評価を決める
  • 各部門が座席数・人員数の入力 → 本部が人員調整
  • システムが原価計算 ( 配賦・按分処理 )
  • 本部が事業ごとに収益性分析
  • 決算 → 財務諸表 ( B/S, P/L, CF ) の表示


☑補足
管理会計の用語の意味は» 「管理会計の基本」がすべてわかる本|Amazonで解説されていますので、必要に応じてご覧ください。


SAP用語の意味は» SAP社公式のヘルプですべて解説されていますので、必要に応じてご覧ください。


1-2-3. SAP CO コンサルタントの仕事内容2-3. 実績データのIF ( Inter-face ) テスト


SAP ERP*注7 の売上実績データなどを、 SAP BW*注8にIF*注9 して、管理会計レポートでデータを表示できるかテストします。


具体的には、以下のようなIF機能をテストします。



  • SAP ERPの売上実績データを集計してIFする
  • SAP ERPの売上実績データの勘定科目を置き換えてIFする
  • SAP ERPのB/Sデータ ( 資産額など ) を計算してIFする
  • SAP ERPのP/Lデータ ( 売上や経費など ) を計算してIFする


☑補足
*注7...SAP ERP ( SAP Enterprise Resource Planning ) とは企業の販売・購買などのデータを入力・管理するシステムです。


*注8...SAP BW ( SAP Business Warehouse ) とは他のシステムからデータを抽出してためるシステムです。SAP以外のシステムからもデータを抽出できます。
貯めたデータは、管理会計レポートツールのSAP BPCで表示します。


*注9...IF ( Inter-Face ) とは、システムの接続部分のことです。 外部のシステムからデータをコピーすることを「IFする」と言ったりします。


2. SAP CO コンサルタントの将来性

2. SAP CO コンサルタントの将来性


» SAPコンサルタントの将来性で解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


SAPコンサルタントは、どのモジュールのスキルを磨くのがおすすめ ?


» SAPコンサルが選ぶべきモジュール一覧で解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


3. SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法とそのために必要なスキル

3. SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法とそのために必要なスキル


SAP COコンサルタントが年収を上げる方法は以下の通りです。



  1. 社内で昇進
  2. 転職


それぞれ解説します。


3-1. SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法①:社内で昇進


SAP CO コンサルタントが社内で昇進して年収を上げていくには、以下のSAP コンサルタントの役職に沿って役職を上げることが必要です。


1. SAPコンサルの年収一覧
※全ての会社で同じ給与体系ではないので、参考程度にどうぞ。


本記事では具体的に、キャリアのマイルストーンに当たる以下の役職に昇進するために必要なスキルを解説します。



  1. スペシャリスト
  2. マネージャー


3-1-1. SAP CO コンサルタントが社内で昇進してスペシャリストになり、年収600万稼ぐために必要なスキル



  • コンサルタントとしてのスキル ( 議事録取り、提案書・要件定義書のPower Point資料の作成 )
  • SAP CO モジュールの経験が2年以上 ( クライアントの業界はIT系、SAP製品はSAP S/4 HANAが望ましい。)
  • 日商簿記2級の資格


3-1-2. SAP CO コンサルタントが社内で昇進してマネージャーになり、年収1,000万円稼ぐために必要なスキル



  • マネージャーとしてのスキル ( PMOスキル・部下4, 5人のキャリアアドバイザー )
  • 複数プロジェクトのマネジメント・人員調整スキル( 同時に2, 3個のプロジェクトに所属してマネジメント )
  • SAP CO モジュールの経験が5年以上 ( クライアントの業界はIT系、SAP製品はSAP S/4 HANAが望ましい。)
  • 簿記2級以上
  • Toeic700点以上


3-2. SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法②:転職


SAP CO コンサルタントが転職して以下の年収を稼ぐために必要なスキルをそれぞれ解説します。



  1. 年収600万~1,000万未満
  2. 年収1,000万~年収1,500万


※重要:SAP COコンサルタントとして年収を上げたい場合には、IT系の企業のSAP案件を探しましょう。


なぜなら、IT系は利益率が高い = 同じコンサルタントの仕事でも残業代が多く出ますし、給料アップの交渉もしやすいからです。


具体的には、大規模e-commerceサイト運営会社や大手のゲーム会社などIT系の企業のSAP案件に入ると、ほぼ確実に年収は上がるでしょう 。


事実、以下の図のようにIT系の業界規模が右肩上がりを続けており、「業績がいいとシステムを導入する傾向があるIT系の企業」はSAP導入をしやすいと判断できます。


IT業界は ~ 中略 ~ 景気が回復し、企業業績が良くなると企業は新たなシステムの導入や更新を行う傾向があります。


業界動向 - IT業界の現状、動向、ランキング&シェアなどを掲載。



» コンサルで残業代が出ない2つの理由 : 時間外労働の残業代で、クライアントの業界ごとの残業代の出やすさ・出にくさについて比較したので、どの業界が稼ぎやすいか確認したい方は記事を是非ご覧ください。


このように、SAPスキルで年収を上げつつ転職するためには「条件が良いクライアントのSAP案件を見つける」ことが必須なので、以下の0円無料の転職エージェントを中心に登録して案件を比較しつつ検討しましょう。



SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと、転職のコツを解説した以下の記事を是非ご覧ください ( クリックでページにジャンプします )。\(^o^)/



☑補足
SAP業界での転職は実務経験重視なので、会社のネームバリューは気にしない方がホワイトな環境に転職しやすいです。


SAP経験を基に、「企業」よりも「案件」や「クライアント」をえり好みして年収を上げましょう。


以下で、SAP CO コンサルタントの転職に必要なスキルを解説します。


3-2-1. SAP CO コンサルタントが転職して年収600万~1,000万未満稼ぐために必要なスキル



  • SAP COコンサルタントとしての実務経験が2年以上 ( クライアントの業界はIT系、SAP製品はSAP S/4 HANAが望ましい。)
  • 日商簿記2級の資格
  • TOEIC700点以上


3-2-2. SAP CO コンサルタントが転職して年収1,000万~年収1,500万稼ぐために必要なスキル



  • SAP CO コンサルタントとして、COモジュールのSAP導入のチームリーダー経験が3年以上 ( クライアントの業界はIT系、SAP製品はSAP S/4 HANAが望ましい。)
  • SAP CO以外にも複数のSAPモジュールのチームと連携して仕事を進めた実績
  • PMPの資格
  • TOEIC800点以上


4. SAP CO コンサルタントのまとめ

4. SAP CO コンサルタントのまとめ


本記事のまとめは以下の通りです。


本記事のまとめ


  • SAP CO コンサルタントの仕事内容は、管理会計の業務フローの作成と、SAPの設定・動作確認
  • SAP COコンサルタントの将来性はある
  • SAP CO コンサルタントが年収を上げる方法は社内で昇進するか、IT系の企業のSAP案件ができる会社に転職


何かを変えたい人、まだ迷っている人、どちらも「今すぐ無料で出来ること」だけはしておきましょう。


なぜなら、部屋探しと同じように「良い条件の求人」はすぐ締め切りになりますし、「いい条件の求人」を見つけるには「1.今登録して 2.待ち伏せして 3.出てきたらすぐ応募する」ことが重要だからです。


まず0円無料の転職エージェントを活用することから、この記事を読み終わって、即動き出しましょう!



SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと、転職のコツを解説した以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



ページを閉じつつも、次の行動に移しましょう!(`・ω・´)ゞ


明日でいいやって思いましたか?
その明日は永遠に来ませんよ。


人気記事 SAPでの転職に強い転職エージェント3選【2年はコミットすべき】
人気記事 【2020年最新】SAPコンサルタント 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPコンサル転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.