SAPコンサル転職

【本質】SAPコンサルタントが不足←この状況が最高である理由

2020/05/27


【本質】SAPコンサルタントが不足←この状況が最高である理由


SAPコンサルタント

SAPコンサルタント「SAPコンサルタントが不足しているのはなぜ ? それって悪いこと ? この状況でSAPコンサルタントが取るべきアクションも知りたい。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • SAPコンサルタント不足の理由
  • SAPコンサルタント不足←この状況が最高である理由
  • SAPコンサルタントが取るべきアクション


私SAPFIは、4年ほど外資系コンサルティング企業で働き、SAPコンサルタントタントとして5つSAP導入プロジェクトを経験してきました。


そんな私が、「SAPコンサルタントタント不足の現場でSAPプロジェクトを進めてきた経験」を基に、公式の事実も踏まえて「SAPコンサルタント不足」に対してSAPコンサルタントが取るべきアクションを解説します。


この記事の目次は以下の通りです。



IT系なら0円無料の» IT転職特化のマイナビエージェント» 0円無料のSAPコンサル向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


1. SAPコンサルタント不足の2つの理由

1. SAPコンサルタント不足の2つの理由


SAPコンサルタント不足の2つの理由は以下の通りです。



  • SAPコンサルタントの需要の増加
  • SAPコンサルタントの供給の減少


なぜなら、以下の事実があるからです。



  • SAPコンサルタントの需要の増加
  • ←2030年までに旧バージョンのSAPの保守サポートが切れるため、SAPを利用している2,000社程度の日本企業がSAPのバージョンアップをする必要があります。

  • SAPコンサルタントの供給の減少
  • ←15年上のSAP経験を持つシニアのSAPコンサルタントが引退する年齢に差し掛かっている。また、少子高齢化で若手のSAPコンサルタントの絶対数が減っています。


具体的に、以下の関連記事で上記の事実を解説していますので、記事を是非ご覧ください。



SAPを利用している2,000社程度の企業が、SAPを使うことを辞めてほかの基幹システムを開発するのではないか。


現場を見てきた私的に、「SAPを利用している企業がSAPをやめる確率は限りなく低い」と考えております。


» SAPコンサルタントタントの将来性 | SAP転職で、SAPを利用する企業がSAPのバージョンアップせざるを得ない根拠について解説していますので、記事を是非ご覧ください。


2. SAPコンサルタント不足←この状況が最高である理由

2. SAPコンサルタント不足←この状況が最高である理由


SAPコンサルタント不足はSAPコンサルタントにとって最高です。


なぜなら、SAPコンサルタントがあふれているよりも自分にとって有利なポジションを簡単に取れるからです。


具体的に、外資系コンサルティング企業などで2年程度SAPの一つの領域に特化して働けばすぐに第一人者になれますし、仕事が途切れずに高単価案件( 需要が高いプロジェクト )で働けます。


そうはいっても、SAP社もフリーランスエンジニアをプロジェクトに呼ぼうとしているので、SAP未経験の人はどんどんプロジェクトに入ってきます。


そうすると、現役ののSAPコンサルタントはSAP実務経験による「先行者優位」のおかげで、新しく入るSAP未経験の人のマネジメントの立場にもなれるので、ますます有利ですよね。


2年程度のSAP経験とSAPスキルを持ったうえで、会社のグレードを少し下げてよりSAPコンサルタント不足の会社に転職すれば、役職や年収は無双すると思います。


SAPスキルを活かして、より高い年収のSAPコンサルタントタントに転職する方法は?


SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと、転職のコツを解説した以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



3. SAPコンサルタント不足に対してSAPコンサルタントが取るべきアクション

3. SAPコンサルタント不足に対してSAPコンサルタントが取るべきアクション


SAPコンサルタント不足に対して、SAPコンサルタントが取るべきアクションは以下の通りです。



  • SAP導入テンプレートの最新化
  • SAPを何も知らない人でもSAP導入できるような運用手順資料や、動画教材を作成
  • SAP導入プロジェクトに関する質問や課題に対して効果的に回答できるようにハブを作成


理由は以下の通りです。



  • SAP導入テンプレートの最新化
  • ←SAP導入のテンプレートを、最新のSAP S/4 HANAに対応した内容にバージョンアップしなければ使えないから。

  • SAPを何も知らない人でもSAP導入できるような運用手順資料や、動画教材を作成
  • » SAPに詳しくないフリーランスがプロジェクトに流れてきたときに、効果的にそれらの人材を活用してプロジェクトを進める必要があるからです。

  • SAP導入プロジェクトに関する質問や課題に対して効果的に回答できるようにハブを作成
  • ←少人数のSAPコンサルタントで多くのSAPプロジェクトに対応できるようにするために、SAP導入のプロジェクトで得たノウハウを他のプロジェクトにも横展開できるようにする必要があるからです。


※SAP導入テンプレートの最新化については、旧バージョンのSAP ECC ( SAP 6.0 ) と最新バージョンのSAP S/4 HANAとの差をまとめた » Simplification List に沿って最新化しましょう。


具体的なアクションとして、現役のSAPコンサルタントタントは何個かプロジェクトでノウハウを貯めたら、その成功体験をテンプレートや動画の教材にして、他の人にやってもらいつつサポートする役割を目指しましょう。


最終的には、「SAPコンサルタントのコンサル」または、「SAPプロジェクトの技術顧問」などの役割をしつつ、現場が困ったときの「最後の砦」な人になると年収が上がりやすいと思います。


4. SAPコンサルタント不足のまとめ

4. SAPコンサルタント不足のまとめ


本記事のまとめは以下の通りです。


本記事のまとめ


  • SAPコンサルタント不足の理由は、需要の増加と供給の減少
  • SAPコンサルタント不足は、有利なポジションを取りやすいのでSAPコンサルタントにとっては最高
  • 現役のSAPコンサルタントは、未経験者のSAP導入サポートの立場に回ると年収を上げやすい


何かを変えたい人、まだ迷っている人、どちらも「今すぐ無料で出来ること」だけはしておきましょう。


なぜなら、部屋探しと同じように「良い条件の求人」はすぐ締め切りになりますし、「いい条件の求人」を見つけるには「1.今登録して 2.待ち伏せして 3.出てきたらすぐ応募する」ことが重要だからです。


まず0円無料の転職エージェントを活用することから、この記事を読み終わって、即動き出しましょう!



SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと、転職のコツを解説した以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



人気記事 SAPでの転職に強い転職エージェント3選【2年はコミットすべき】
人気記事 【2020年最新】SAPコンサルタント 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPコンサル転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.