SAPエンジニア転職

【SAPエンジニア必見】SAPの勉強方法を徹底解説

2020/05/31


【SAPエンジニア必見】SAPの勉強方法を徹底解説


SAPの勉強方法が知りたいエンジニア

SAPの勉強方法が知りたいエンジニア「SAPの勉強方法がしりたい。 プロジェクトの人に質問したら、「自分で調べろ」って言われたんだけど…調べ方もよくわからないしな…。最近は流行 ( はや ) ってる、プログラミングスクールを使ったほうがいいのかな ? 」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • 何も知らないのでとりあえず網羅的 ( もうらてき ) に学びたい人 ← SAP認定資格を取るための勉強方法
  • 自分のSAPスキルを上げて年収を上げたい、転職したい人 ← 現場に入って実務経験とSAPスキルを身に付ける勉強方法
  • プログラミングスクールを使うべきか


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティングファーム4年勤務
  • SAP ABAPエンジニア ( = ABAPer ) 歴2年
  • SAP認定資格3つ取得済
  • SAPプロジェクト5つ経験
  • 経験SAPモジュール: FI, CO, BW, BPC, SD, MM, WM, PP, PS


この記事の目次は以下の通りです。



IT系なら0円無料の» IT転職特化のマイナビエージェント» 0円無料のSAPエンジニア向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


1. SAPの勉強方法①:SAP認定資格を取るための勉強方法

1. SAPの勉強方法①:SAP認定資格を取るための勉強方法


SAPの勉強のはじまりとして、入社1年目~ のSAPに初めてさわった人は、SAP認定資格を取るための勉強をしましょう。


なぜなら、SAPの概要や基本を押さえなければ全体をつかみにくいですし、プロジェクトにも入りにくいからです。


そもそもSAPエンジニアとは ?
SAP認定資格とは ?


» SAPエンジニアとは【仕事内容、勉強方法、将来性】 | SAP転職でSAPエンジニアについて解説し、» SAP認定コンサルタント資格とは?【独学方法も解説】 | SAP転職で、SAP認定資格の概要を解説しましたので、記事を是非ご覧ください。


具体的に、SAP認定資格の勉強方法の詳細は以下の通りです。



それぞれ解説します。


1-1. 自分が受験する試験コードを確認し、出題範囲と合格点を確認


»Certification Validitiesで、自分が受験する試験コードを確認しましょう。


( 会社にある「受験を推奨する試験の一覧」的な資料から試験コードを選び、どれを受験すればいいか上司に確認しましょう。 )


上記のサイト上に自分が受験する予定の試験*注1の出題範囲、合格点、受験時間が掲載されているので、確認しましょう。


試験の申し込み*注2は、受験費用が会社持ちであれば、社内の申請ポータルから申請しましょう。


*注1...「アプリケーションコンサルタント」向けの試験であれば、63%の合格点を3時間で取ることが多いです。
*注2...2020年現在、»Certification in the Cloud ProgramのSAP Certification Hubという制度を使った「リモート受験」のみ可能です。
受験費用は5万程度なので、是非会社持ちで合格を目指しましょう。


1-2. SAP Learning HubというSAP社公式の動画の学習コンテンツで学習


»SAP Learning Hubのライセンス*注3を取った後に、e-learningという動画の学習コースをメインに使って勉強しましょう。


なぜなら、システム操作の勉強は、文章を読むよりも動画の方が頭に残りやすく、実践的な操作方法を学べるからです。


具体的に、私が勉強した時はEXCELの進捗表を作って、コツコツ3か月程度SAP Learning Hubの動画を見ながら実機を触って勉強して、資格を取りました。


*注3...SAP Learning Hub ( SAPラーニングハブ ) の利用料は年間ライセンス契約で356,016円と高額なので、会社負担でライセンス取得が出来るか会社に確認しましょう。


1-3. 実機をさわってSAPの使い方を身に付ける


SAP learning Hubの動画を見て操作方法を学んだら、自分で実機*注4を使って手を動かして学びましょう。


なぜなら、インプットだけでは身に付かないからです。


具体的に、2回程度同じ操作を手を動かして実施することである程度定着すると思います。


注4...実機とは、SAPシステムそのものです。どんな操作をしてもOKな実験用の環境 ( サンドボックス環境と呼ばれたりします ) が社内にあるはずなので、上司に教えてもらいましょう。


1-4. 試験の1週間前に過去問を暗記する


試験の1週間ほど前から、過去問を利用した暗記で理解を定着させましょう。


社内に過去問がある場合はそれを使えば大丈夫ですが、もし過去問が無い場合には、、、英語でググりましょう。


»Test Validで、私は英語の過去問を50$程度で購入しました。


2017年にできた試験を2019年に受験しましたが、その時点での過去問の制度は9割以上正確だったので90点くらいで合格しました*注5


自分が受験する予定の試験で、「試験コード answer」とGoogle検索すると、英語の過去問がヒットしますので、まず自分で探してみるのもありですね。次回以降、応用も聞くと思うので。


(例えば「C_TS450_1909 answer」でGoogle検索。)


( この「自分で調べる力 = 自走力」が、実は一番重要なSAPスキルです。 )


*注5...上記サイトの過去問を利用して受験した際の合否について、筆者は一切の責任を負いません。


1-5. SAP認定資格の試験を受験して合格点を取る


過去問も覚えて準備万端にしたら、実際に試験を受けましょう。


SAP Certification Hubを使ったリモート受験の場合は、周囲に人がいない静かな部屋での受験になりますので、会社で受験する場合は会議室を予約しておきましょう。


2. SAPの勉強方法②:現場に入って実務経験とSAPスキルを身に付ける勉強方法

3. SAPの勉強方法②:現場に入って実務経験とSAPスキルを身に付ける勉強方法


以下の順で解説します。



3-1. SAPの勉強のモチベーション


SAPの勉強の次のステップとして、SAP認定資格をとり、実際にプロジェクトに入ったあとの勉強方法を解説します。


このレベルでのSAPの勉強のモチベーションは、「SAPの実務経験とSAPスキルを身に付けて、年収を上げて転職」です。


なぜなら、SAPの実務経験とSAPスキルが身に付くと年収が上がっていくからです。


当たり前かもですが、心の安定は、高いスキルに裏付けられます。


高いスキルがあって、いろんな会社から高い年収で求人が届き、「いつでも転職できる」と思えると、会社にしがみつかなくてよくなるのでメンタル平和になれますね。


むしろ、スキルが無い人は社内政治と人間関係の地獄でメンタルの消耗度合いがやばそうです。。。


みなさんは、「この会社でしか働けない」と下に見られて、無茶ぶりばかりされて消耗し続ける人生が良いですか… ?


そんなわけないですよね。


少なくとも私は嫌です。。。


ということで年収ですが、クライアントの規模にもよりますがSAPの一つのモジュールの導入のチームリーダーになれば年収1,000万は超えます。 ( 現場感と上司ヒアリング内容からの判断です。 )


年収がどの程度上がるかはどのように測定するべき ?


以下の大手の転職エージェントに登録して、オファーメールの求人の年収や、役職で測定しましょう。



確定の年収ではないですが、だいたい提示される年収の±100万程度で決まるケースをよく聞きます。


登録した直後はそれほど高くない人でも、職務経歴書を正確に記載して数年経てば数百万単位で上がっていくケースも少なくありません。


SAPエンジニアの転職に強い0円無料の転職エージェントのランキングは以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



3-2. SAPの勉強方法 ( 現場での勉強方法 )


SAPの現場での勉強方法は以下の通りです。



  • 実機*注1でABAP*注2プログラムを見てマネしたりデバッグする ← SAPエンジニアの命
  • 実機で使いまわせるABAPプログラム ( 汎モ, クラス, 計画機能, exit, 固定値管理テーブル, メッセージ ) が無いか探す、使いまわす ← 超重要
  • 実機でF1*注3ヘルプで技術情報を調べる ← 重要
  • 実機のサンドボックス環境*注4などでABAPプログラムの練習をする ← 趣味
  • プロジェクトでの拾い物のPowerPointや、EXCELのまとめ資料から勉強 ← 重要
  • プロジェクトで流れる裏技のうわさ ← 重要
  • SAP実装の簡単な具体例を調べる
  • SAP learning Hubの動画で操作方法を学習する
  • SAPのよく見るキーワードを実例とセットでおさえる
  • SAPの細かいAPIなどを調べる
  • 英語でググって調べる
  • 英語のyoutube動画を調べる
  • Open SAPで概要を学習する
  • クライアントの要望をSAPで実装できるかを調べる
  • 現場のSAPのバグの原因を調査して解消する
  • SAPの旧バージョンと新バージョンの差を調べる
  • SAP PressでSAPの公式の学習冊子を購入して調べる
  • AWSで構築した自分のSAPの実機で練習する


要するに詳しい人と仲良くなっていろいろ教えてもらえるのが最強なのですが、、、それぞれの詳しい用語の意味や学習方法などはいずれ解説します。


プロジェクトに入ってSAPの実機でトランザクションコード:SE38*注5を入力して、先輩が書いたABAPプログラムを見てデバッグしたりマネして練習を繰り返しましょう。


新人であれば、ABAPに詳しいSAPエンジニアに質問しまくるのもありだと思います。


英語が苦手な人も、グーグル翻訳にコピペすれば8割は読める日本語になるので、積極的に英語でググりましょう。


SAPエンジニアは自分で解決する能力 ( = 自走力 ) が大切でして、これには英語で調べる能力がマジ必須だからです。


*注1...実機とは、SAPシステムそのもののことです。
*注2...ABAPとは、SAP固有のプログラミング言語です。SAP標準機能でカバーできない機能を持ったプログラムを開発するときに使います。
*注3...F1ヘルプとは、SAPの知りたい項目にカーソルをあてて、パソコンのキーボードのF1ボタンを押すと表示されるヘルプです。
*注4...サンドボックス環境とは、何をしても許されるSAP環境のことです。実験用の環境。
*注5...トランザクションコードとは、SAP固有の操作コマンドです。


3. SAPの勉強方法③:プログラミングスクールを使うべきか

SAPの勉強方法③:プログラミングスクールを使うべきか


最近はプログラミングスクールも増えていますが、結論として「勉強でモチベーションが上がらないなら、ありかな」と思います。


事実として、別にプログラミングスクールに行かなくてもSAPエンジニアになれますし(私は自分で勉強しました)、スクールに行くほうが早く上達する訳でもないです。


じゃあ、スクールに通うメリットは何かというと「モチベーションを維持しやすい点」かなと思っています。


こんなことを言うとスクール運営者に怒られそうですが、、、とはいえ、結局勉強するのは「学習する本人」なので、「絶対に頑張ってやるぜ」という気持ちがあれば、別にスクールは不要ですね。


なお、おすすめスクールは» 無料あり:ABAPerの私がおすすめのプログラミングスクール3社 | SAP転職にまとめていまして、無料プランとかも多いので、自分での勉強とも検討しつつがいいかなと思います。



4. SAPの勉強方法のまとめ

4. SAPの勉強方法のまとめ


本記事のまとめは以下の通りです。


本記事のまとめ


  • SAPの勉強は、まずはSAP認定資格の取得から
  • SAPの勉強の次のステップとして、心の安定と高い年収のために、良質なABAPプログラムを集めつつ自分で調べて解決する能力 = スキルを上げるべき
  • プログラミングスクールを使うかはあなた次第。結局、自分で勉強することになるので、モチベーションを上げたいなら使うべき。


何かを変えたい人、まだ迷っている人、どちらも「今すぐ無料で出来ること」だけはしておきましょう。


なぜなら、部屋探しと同じように「良い条件の求人」はすぐ締め切りになりますし、「いい条件の求人」を見つけるには「1.今登録して 2.待ち伏せして 3.出てきたらすぐ応募する」ことが重要だからです。


まず0円無料の転職エージェントを活用することから、この記事を読み終わって、即動き出しましょう!



SAPエンジニアの転職に強い0円無料の転職エージェントのランキングは以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



人気記事 無料あり:ABAPerの私がおすすめのプログラミングスクール3社
人気記事 【2020年最新】SAPエンジニア 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPエンジニア転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.