SAPエンジニア転職

【無料あり】SAPの自習ができるSAP環境14選【最高品質あり】


【無料あり】SAPの自習ができるSAP環境14選【最高品質あり】


SAPの自習がしたい人

SAPの自習がしたい人「SAPが自習できる環境が知りたい。 SAP環境で自習しないとSAPのスキルって身に付かないよなぁ。クライアントのSAP環境だと好き勝手に操作できないし、とはいえ個人でSAP環境持つとすごいお金かかるし挫折しがち。無料のSAP環境があると良いんだけど、、、欲を言えば、ABAPのコーディングの練習ができる環境とかあると最高なんだけどな…。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • インターネット経由でリモートアクセスできるSAP環境14選
    • 無料:SAPの自習ができる最新のSAP環境2選
    • ABAPの自習ができる環境3選
    • SAPの自習ができる環境9選


IT系なら0円無料の»ワークポート» 0円無料のSAPエンジニア向け転職エージェントランキングの転職エージェントに登録しておけば、案件・企業探しは転職エージェントがすべてやってくれるので、自分に合った求人を逃す恐れはありません。


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティングファーム4年勤務
  • SAPコンサル歴2年
  • SAPエンジニア歴2年
  • 経験SAPプロジェクト数5つ


この記事の目次は以下の通りです。



1. 無料:SAPの自習ができる最新のSAP環境2選

1. 無料:SAPの自習ができる最新のSAP環境2選


SAPの自習が無料で出来る最新のSAP環境は以下の通りです。



それぞれ解説します。


無料:SAPの自習ができる最新のSAP環境①:SAP S/4HANA Trial


ウェブサイト:https://www.sap.com/cmp/oth/crm-s4hana/s4hana-on-premise-trial.html


価格:無料 ( 30日 )


レビュー


SAP社の公式のSAP S/4 HANAのトライアルです。


AWSやGoogle Cloud Platform, Microsoft Azureなどのクラウドプラットフォームを経由して、SAP S/4 HANA環境が利用できます。


AWSの場合、Elastic Compute Cloud (EC2) と呼ばれる権限を持ったアカウントを登録する必要があり、これに時間がかかります。


メリット・デメリット


☑メリット


  • SAP社公式のSAP S/4 HANA環境が無料で30日使える


☑デメリット

  • AWSなどのクラウドプロバイダーのアカウントを作成する必要がある


無料:SAPの自習ができる最新のSAP環境②:Free Trial:SAP Analytics Cloud


ウェブサイト:https://www.sapanalytics.cloud/quick_answers/free-trial/


価格:無料 ( 90日 )


レビュー


SAP社の公式のSAP Analytics Cloudのトライアルです。


PoC*注1をしたり、クライアントへの提案デモの練習をするのにおすすめです。


テストデータを用意できれば、地域別、年齢別、製品別にPOSデータ*注2を分析できるので、データを活用した経営をしたい企業には刺さるかなと思います。


メリット・デメリット


☑メリット


  • SAP社公式のSAP Analytics Cloud環境が無料で90日使える


☑デメリット

  • テストデータを準備する必要がある


用語の解説

  • *注1...PoCとは、Proof of Conceptの略で、新しいテクノロジーで実現できることを検証する作業のこと。クライアントへの売り込みのための前調査としてすることが多いです。
  • *注2...POSとは、Point Of Salesの略で、小売店などでの客の購入データのこと。具体的には、コンビニでいつ何歳のどの性別の客が何をいくつ買ったか、頻度はどの程度か等を記録したデータです。


2. SAP ABAPの自習ができる環境3選

2. SAP ABAPの自習ができる環境3選


SAP ABAPの自習が出来る環境は以下の通りです。



ランキング形式で、3位~1位の順番に詳しく解説します。


先に1位のSAP ABAPの自習でが出来る環境が見たいな


その場合は、SAP SEのリンクをクリックして1位のレビューへどうぞ。


SAP ABAPの自習ができる環境 ( 3位 ):ERPtrainingUK


ウェブサイト:https://erptraininguk.net/singleserver.html


価格:毎月 28 USD


レビュー


全てのアカウントに無料で開発者キーを提供するという、最高な特徴を持っているSAP環境です。


誰でもABAP開発して、SAPシステムを好きなように変更することが出来ます。


ABAPerにとっては最高な環境に思えますが、誰でもABAPコードを変更できる = SAPシステムが標準の動きをするとは限らない欠点があります。


例えば、SAPコンサルタントが自習のためにカスタマイズしても、SAPが標準の動きをするとは限りませんので注意です。


メリット・デメリット


☑メリット


  • 安い
  • ABAPerには向いてる


☑デメリット

  • SAPコンサルタントには不向き
  • 開発者キーを無料で提供することは基本的にできないはずなので、この会社がSAPライセンスを持っているかは疑わしい


SAP ABAPの自習ができる環境 ( 2位 ):RentOurServer


ウェブサイト:http://rentourserver.com/


価格:毎月 100 USD


レビュー


様々なSAP環境を提供し、価格交渉を歓迎している会社です。


追加料金でSAP ABAPの開発者キーとOSSノートへのアクセスを得られます。


この会社のウェブサイトには読者が価格を提案し、彼らがそれを受け入れるかを見ることが出来るフォームがあります。


メリット・デメリット


☑メリット


  • SAPライセンスを持つ正当なプロバイダー
  • OSSポータルへのアクセスを購入できる


☑デメリット

  • それほど安くない
  • 開発者キーを購入する必要がある


SAPの自習ができる環境 ( 1位 ):SAP SE


ウェブサイト:https://training.sap.com/


価格:20時間分のアクセスで 191 USD ( 30日以内に使い切る必要あり )


レビュー


SAPソフトウェアを開発した会社です。


最近、SAP Live Accessと呼ばれる新しいサービスを導入しました。


これにより、誰でもSAPシステムに接続し、SAPのカスタマイズ、開発、および理解のための自習ができます。


メリット・デメリット


☑メリット


  • SAP社そのものからサービスを受けることが出来ます


☑デメリット

  • 値段が高すぎる
  • アクセスできる時間が短すぎる


なお、おすすめスクールは» 無料あり:ABAPerの私がおすすめのプログラミングスクール3社 | SAP転職にまとめていまして、無料プランとかも多いので、自習しつつの検討がいいかなと思います。



3. SAPの自習ができる環境9選

3. SAPの自習ができる環境9選


SAPの自習が出来る環境は以下の通りです。



ランキング形式で、9位~1位の順番に詳しく解説します。


先に1位のSAP環境が見たいな


その場合は、SAP SEのリンクをクリックして1位のレビューへどうぞ。


SAPの自習ができる環境 ( 9位 ):101ERP


ウェブサイト:http://www.101erp.com/


価格:毎月 19.99 USD


レビュー


SAPシステムへのアクセスを格安で提供している、あやしげな会社です。


ウェブサイトがうまく機能していないので、お金を支払ってもサービスが受けられるとは限りません。


このサイトを使わないことをおすすめします。


メリット・デメリット


☑メリット


  • かなり安い


☑デメリット

  • 信頼できない


SAPの自習ができる環境 ( 8位 ):SAP Quick Access


ウェブサイト:http://ww1.sapquickaccess.com/?subid1=c299b4a0-a4c2-11ea-ace1-4596f76c7878


価格:毎月 15 USD


レビュー


SAPシステムへのオンラインアクセスのサブスクライブをおすすめしている、あやしげな会社です。


彼らは目的を「トップクラスのサポート」と自称していますが、上記で紹介した会社と同じくらいあやしく見えます。


上記の会社よりは安いですが、このサイトを使わないことをおすすめします。


メリット・デメリット


☑メリット


  • とてつもなく安い


☑デメリット

  • 信頼できない、お金を失うリスクがある


SAPの自習ができる環境 ( 7位 ):SandboxSAP

ウェブサイト:http://idesremote.com/


価格:毎月 40 USD


レビュー


2007年以降、SAPシステムへのオンラインアクセスを提供する会社としての地位を確立していることを自称するあやしい会社です。


様々なSAPシステムを提供しており、価格は市場での平均と説明されていますが、彼らがSAPライセンスをどこから取得しているかは不明です。


メリット・デメリット


☑メリット


  • ( 自称 ) 彼らのサービスは歴史が長い


☑デメリット

  • サービスの正当性が不明


SAPの自習ができる環境 ( 6位 ):LEARNSAP


ウェブサイト:http://learnsap.com/


価格:毎月 75 USD


レビュー


主にSAPトレーニングのサービスを提供し、その一部としてSAPトレーニングサーバーへのリモートアクセスも提供する会社です。


SAPシステムの選択肢は非常に少ないです。


この会社の提供するサービスに特別なものはないので、トレーニングコースを受講しないのであればこの会社のSAP環境を使うことはおすすめしません。


メリット・デメリット


☑メリット


  • USの信頼できるSAP環境


☑デメリット

  • 非常に限られた数のSAP環境しか使えない


SAPの自習ができる環境 ( 5位 ):RentOurServer


ウェブサイト:http://rentourserver.com/


価格:毎月 100 USD


レビュー


様々なSAP環境を提供し、価格交渉を歓迎している会社です。


追加料金でSAP ABAPの開発者キーとOSSノートへのアクセスを得られます。


この会社のウェブサイトには読者が価格を提案し、彼らがそれを受け入れるかを見ることが出来るフォームがあります。


メリット・デメリット


☑メリット


  • SAPライセンスを持つ正当なプロバイダー
  • OSSポータルへのアクセスを購入できる


☑デメリット

  • それほど安くない
  • 開発者キーを購入する必要がある


SAPの自習ができる環境 ( 4位 ):IDESACCESS


ウェブサイト:http://www.idesaccess.com/?utm_source=sap-certification.info&utm_medium=referral&utm_campaign=sap-certification.info


価格:毎月 59.99 USD


レビュー


2001年からSAP環境の提供をしていると自称しているあやしい会社です。


運営している会社の所在地などが確認できない「仮想」の会社であるため、少し不審に見えます。


この会社はSAPライセンスに料金を支払わないことを明示しており、評価ライセンスでSAPシステムへのアクセスを販売することは問題ないと説明しています。


メリット・デメリット


☑メリット


  • 運営歴が長いと思われる


☑デメリット

  • 平均よりも高い
  • サービスが合法なのか不明


SAPの自習ができる環境 ( 3位 ):ERP Training Tech


ウェブサイト:https://erptrainingtech.com/


価格:毎月 47 USD


レビュー


2013年からSAP環境の提供をしていると自称する、Googleの検索上位によく表示されるあやしい会社です。


幅広い種類のSAP環境へのアクセスを提供しています。


購入して5日後に払い戻しを受け取るオプションが宣伝されていますが、確認できませんでした。


メリット・デメリット


☑メリット


  • 良心的な価格
  • 最新のSAPシステム
  • 幅広い種類のSAP環境へのアクセス


☑デメリット

  • SAPライセンスを取ってサービスを提供しているのか不明


SAPの自習ができる環境 ( 2位 ):Michael Management Corporation


ウェブサイト:https://www.michaelmanagement.com/


価格:毎月 99 USD


レビュー


SAPトレーニングを長いあいだ提供してきた会社です。


SAPシステムへのリモートアクセスと、サブスクリプションでOSSノートへのアクセスを提供しています。


SAPライセンスを取ったうえでサービスを提供しているため、値段も高めになっています。


メリット・デメリット


☑メリット


  • 評判のいい会社
  • SAPライセンスを取った上でのサービス提供


☑デメリット

  • 値段が高い
  • 無料のおためし期間が無い


SAPの自習ができる環境 ( 1位 ):SAP SE


ウェブサイト:https://training.sap.com/


価格:20時間分のアクセスで 191 USD ( 30日以内に使い切る必要あり )


レビュー


SAPソフトウェアを開発した会社です。


最近、SAP Live Accessと呼ばれる新しいサービスを導入しました。


これにより、誰でもSAPシステムに接続し、SAPのカスタマイズ、開発、および理解のための自習ができます。


メリット・デメリット


☑メリット


  • SAP社そのものからサービスを受けることが出来ます


☑デメリット

  • 値段が高すぎる
  • アクセスできる時間が短すぎる


なお、SAPでの転職に強い0円無料の転職エージェントと転職のコツは、» SAPでの転職に強い転職エージェント3選【2年はコミットすべき】 | SAP転職にまとめていまして、無料なので、自習しつつの活用がいいかなと思います。



4. SAPの自習のまとめ

4. SAPの自習のまとめ


本記事のまとめは以下の通りです。


本記事のまとめ


  • 無料で使えるSAP環境は、SAP S/4 HANAトライアルと、SAP Analytics Cloud
  • ABAPER、SAPコンサルのどちらにも、最もおすすめかつ最も高額なSAP環境は公式の SAP SE


何かを変えたい人、まだ迷っている人、どちらも「今すぐ無料でできること」だけはしておきましょう。


なぜなら、明日でいいや → その明日は永遠にこないからです。


思い立ったらすぐに行動すべき。
まずは転職サイトや転職エージェントに登録すればOKです。


行動しない限りなにもわかりませんし、明日でいいやって思ったら、その明日は永遠に訪れません。明日でいいや・・・を繰り返しつつ、年齢を重ねていくだけですね。


がっつり煽っていますが、IT業界で幸せに暮らす私がいうのだから心配ない。
疲弊しすぎて動けなくなる前に、まずはその一歩を踏み出しておきましょう。


下記にオススメな転職エージェントと転職サイトをまとめておきました。



SAPエンジニアの転職に強い0円無料の転職エージェントのランキングは以下の記事をどうぞ!\(^o^)/



人気記事 無料あり:ABAPerの私がおすすめのプログラミングスクール3社
人気記事 【2020年最新】SAPエンジニア 転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-SAPエンジニア転職

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.