脱プロジェクト

【すぐ辞められる】退職代行の有名2社を比較【オススメな人と金額】

2020/06/14


【すぐ辞められる】退職代行の有名2社を比較【オススメな人と金額】


退職を考えている人

退職を考えている人「 きつい仕事のせいで会社を辞めたい、、、とはいえ、上司から何を言われるかわからないので怖いし、、、代行をお願いできるなら、オススメの退職代行のサービスを比較しながら検討したいな。」


この疑問に答えていきます。


本記事の内容


  • 退職代行の有名2社の比較


本記事の信頼性


この記事を書いている人(=SAPFI)は

  • 外資系コンサルティングファーム4年勤務
  • 退職経験2回


私の退職の実体験も踏まえて、退職代行のサービスについて説明したあと、有名な2社を比較しながら解説をします。


ブラック企業で消耗している方は、退職代行で人生をリスタートするのもありです。


記事は3分ほどで読めますので、すこしだけお付き合いくださいm(_ _)m


この記事の目次は以下の通りです。



先に退職代行の比較結果が知りたいな。


退職代行の有名2社の比較をクリックするとジャンプできます。


1. 退職代行とは

1. 退職代行とは


言葉のとおり、退職を代行してくれるサービスです。


有名どころは下記の2社。



メディアからの取材実績が多いのはEXITでして、Yahooニュースや東洋経済からも紹介されています。 まだまだ新しい分野のサービスですが、今後は伸びていきそうかなと思っています。


1-1. 利用価値はあるのか?


ぶっちゃけ人によるかなと。


退職なんて「辞めます」とキッパリ言えば、辞めれますので。 というか、「辞めます」といっても辞めれなかったら、それって奴隷ですからね…。


1-2. 費用は3〜5万円です


費用はそれぞれ以下の通りです。



3〜5万円って決して安くはないですが、どんな人にオススメでしょうか。



  • 会社を辞めたいけど、上司が怖すぎる人
  • かなり疲れており、すぐに辞めたい人
  • 職場環境的に、辞めると言いづらい人


上記のあたりかなと。


なお、私も過去に退職の経験がありますが、1つの問題として「辞めますと言っても、すぐに辞めれないこと」かなと思っています。


» プロジェクト途中で退職する方法【田端信太郎氏から引用】でも解説しましたが、自力だと辞めるまで短くても1カ月程度かかります。


それに、仕方ないことでもありますが、精神的にキツくて辞めたいのに、引き継ぎで3ヶ月は残ってもらうとかって言われたら、、、ツラいですからね。


精神的に問題ないならいいですが、キツイようなら「退職代行でキッパリ辞めて、次の人生に向けて動き出す」とかもいいかなと思っています。


3〜5万円って決して安くはないですが、3万円くらいは、正社員なら2日くらいで稼げますよね。 精神的な苦痛とかに耐えるよりも、諭吉3枚ほどを犠牲にして、苦痛を除去するのもありかなと。


1-3. 精神が消耗してるなら、ありだと思う


繰り返しですが、精神消耗しているなら、ありかなと。


とはいえ、、、退職代行とかって初めて聞いたし、なんか怖いなぁと感じるかと思いますので、今回は利用する方が気になる点を有名な2社に絞って調査し、比較してまとめました。


2. 退職代行の有名2社の比較

2. 退職代行の有名2社の比較


退職代行サービスの有名な2社である「EXIT」と「退職コンシェルジュ」の以下の点について比較しました。



2-1. 比較①:退職代行で本当に、「すぐに」辞めることができるのか


EXITも退職コンシェルジュも、以下の通りすぐに辞めることができます。


ご相談を頂いた当日から対応可能です。お客様のお時間に合わせて、休日や深夜でも可能な限り、対応しております。


ほぼすべてのケースで退職に成功しています。退職代行『119』は迅速に対応しますので安心してお任せください。


EXITは以下の動画でも「すぐに辞められること」をメリットとして特に主張していますね。



退職コンシェルジュは「すぐに辞められること」もアピールしていますが、以下の動画の様に退職後の社会保険の受給 ( 直近1年の月給の2 / 3の毎月の傷病手当金など ) のサポートをメリットとして主張しているようです。



2-2. 比較②:退職代行の「利用者」に関して


EXITの利用者は、公式サイトでの利用者のインタビューを見る限り男性:女性 = 3:1。


職業はシステムエンジニアの方やメーカー勤務のサラリーマンの方がいらっしゃるようですね。


退職コンシェルジュの利用者は、公式サイトでの利用者の声を見る限りでは男性:女性 = 5:1。


職業は外資系企業のサラリーマンの方がいらっしゃるようでした。


無料相談は以下のページで可能でして、自分の要望に対応してもらえるか確認できます。


利用することになった際のサービスの料金も載せておきますね。



2-3. 比較③:退職代行の「流れ」に関して


どちらも大きな差はありませんが、それぞれの公式サイトから引用しました利用までの流れは以下の通りです。


☑EXITの利用の流れ


  • 相談:即日対応してほしい、離職票を送ってもらいたい、など、様々な要望を相談
  • 振込: 雇用形態に応じて固定の代行費用を振込
  • EXIT:お客様の代わりに、退職に必要な連絡を代行。退職が完了するまで、電話・メールにて回数無制限で対応


☑退職コンシェルジュの利用の流れ


  • 無料相談:現在の状況を相談。サービスの内容や費用について確認し、正式に契約するか検討
  • 方針決定と救急対応:希望に沿って、最適な結果が出るよう退職の代行、支援
  • 退職:ご相談者様に変わって、退職に関して、必要な連絡を代行。サポートセンターが状況の変化に対応


3. まとめ:退職代行は、日本の雇用を流動化する

3. まとめ:退職代行は、日本の雇用を流動化する


記事のポイントをまとめます。



  • 退職代行というサービスが増えてきている
  • 値段は3〜5万円で、即日会社を辞めれます
  • 安くはないけど、精神消耗してるなら利用するのもあり
  • ブラック企業で消耗しても、人生に悪影響しかないです
  • 人生の一旦のリセットとして、ありなサービスです


上記の感じ。


なお、私自身は、退職代行をYahooニュースで知ったのですが、そこから興味が湧きまして、ある種の「ブラック企業から社員を救うキッカケになる」とも思っています。


というのも、日本は「雇用が固定化されすぎてる」と感じており、辞めたいなら、もっと「サクッと辞める」という感じでいいと思います。 私は外資系企業での就労経験があるのですが、みなさん辞めまくりですからね。


3-1. 退職代行で、人生をリスタートする


いまいる会社がブラック企業という感じなら、サクッと辞めて、新しい人生をスタートさせたらいいと思います。


良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても、残るものは少しのお金と疲労感だけですよ。 人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思います。


というわけで今回は以上です。
退職代行で人生をリスタートするなら、下記より無料相談をしてみてください(`・ω・´)ゞ


☑退職代行で有名なサービス2社まとめ


人気記事 【解決済】プロジェクト途中で退職する方法【田畑信太郎氏から引用】
人気記事 【2020年最新】脱・SAP転職エージェントランキング 【入社1年目~入社4年目】

-脱プロジェクト

Copyright© SAP転職サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.